2012.08.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2012.10.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )




どうも皆さんこんばんわ、こんにちわ、おはようございます(>ω)


今回の曲は結構シンプルです!!

たまにはこういうのもありかなと思って作った曲です(高3)

普段当たり前に思ってる場所でも昔はそうではなかったでしょう。

そんな頃に戻ったつもりになって歌詞書きました(>ω)

ちなみに、PEDESTRIANは歩行者という意味です。

作詞/作曲:ガォオオ!!
マスタリング:ロック
イラスト:お茶漬け
動画:sutobu


「戻りなさい」
「さあ 帰りなさい」
「貴方の声なんて聴きたくない」
「勘違い?」
「さあ わからない」
「でも許す気なんてさらさらない」


空中浮遊をする信号機はいつも通りの赤信号
貴方はいつもMarvelous
ずっとPEDESTRIANを通せんぼ

今日は晴天乾燥警報 お構いなしの身のこなし
「Shock!!」
「Jesus!!」
「Klaxon!!」
HANDRING下手くそで大暴れ


「きっと・・・」
何も知らずに足踏み (僕は・・・)
下を見過ぎて不注意 (いつも)
白い一本の橋を (君は)
目隠しをして スタタッタ~♪


消えた貴方の足跡を 踏みつぶせば其処は蝶に変わる
走って行く先は夕方、闇 音をたてずにラッパを鳴らして
見捨てられた土管に逃げ込んで 無邪気な鬼達は剣を持って
信号機を狂わせ 全部「青」
メーターを振り切って足を踏み外して


「踊りなさい」
「さあ 逃げなさい」
「貴方の顔なんて見たくもない」
「嫌いでしょ?」
「さあ 解らない」
「でも許す気はまださらさらない」


駅のホームで傘をクルクル 雨漏り対策だってさ
貴方はずっとMarvelous
今日もPEDESTRIANを通せんぼ

「だって・・・」
何も言えずに首ふり (僕は・・・)
周り見過ぎて傷心 (いつも)
黒い街路地の先を (君は)
口を塞がれ スタタッタ~♪

決めた馬鹿げた目標に 手が届いたらソレは砂になる
登って行く先は摩天のビル 大声を上げ僕は落ちて行く
見捨てられた誰かの恋だって 無邪気な鬼達は剣を持って
信号と暗号は 全部「蒼」
車輪は轟き 私を捲き込み嗤う

「崩れなさい」
「さあ 倒れなさい」
「貴方の本心は知りたくない」
「愛しなさい」
「ねえ 愛してよ」
「本当は寂しいの気付いてよ」


鮮ヤか・・・ステんドグラすガ・・・
割レタら・・・貴方の・・・番ヨ


消えた貴方の足跡を 踏みつぶせば其処は蝶に変わる
走って行く先は夕方、闇 音をたてずにラッパを鳴らして
見捨てられた土管に逃げ込んで 無邪気な鬼達は剣を持って
信号機を狂わせ 全部「青」
メーターを振り切って足を踏み外して


「戻りなさい」
「さあ 帰りなさい」
「貴方の声なんて聴きたくない」
「勘違い?」
「さあ 教えない」
「だからあと少し付き合ってね」

スポンサーサイト

( 2012.09.15 ) ( 未分類 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
9月初めに長年封じ込めた(?)曲あげます!!(・ω)ノぺーい

どもども~がおぽんです(>ω)ノ


9月初めに曲あげます!!(これは決定事項)

その曲はとてもシンプルなのですが、とても気に入っております(≧≦)

ピアノが目立つリズミカルな感じで不思議な不思議な3人の遊びがテーマ

大昔といいましたが、曲のオケは高3の時です。

ジャンルは・・・ピアノロック(?)といえばいいのでしょうかね・・・・・





ビル群や街路地で夕暮れになっても やんちゃな3人は遊んでいます。

・・・だけど遊びで済むのでしょうか・・・・?


-----消えたあなたの足跡を踏むとどうなる?

-----今日も信号機は赤のまま

-----歩行者は通らせないよ






( 2012.09.02 ) ( (ミク)オリジナル曲 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
キミトステージ




どうもガォオオ!!(くまぽんちP)です。


夏(8月)終わっちゃいましたね、、、、悲しいようなさびしいようなwwww


まあ日差しが苦手な僕にはただ引きこもる期間でしたね(遊びにはいったよほんとはね、でも少ないほう)


今回の曲は8月のある出来事(フィクション)がテーマです。

IAちゃんとミクちゃんに歌ってもらいました(>ω)ノ

もう思いついたことをストレートに書きました(歌詞)

で、一番驚いたのが動画が僕にはもったいないくらいすばらしいです!!

うpする直前、動画師さんやあいらくん(アシスタント)を巻き込んで夜中がんばりましたwwwお疲れ様です!!ww

ほんとにうれしいです!!やる気がどんどん出てきました!!もっともっとがんばっていきたいとおもいます!!(>ω)


作詞&作曲:ガォオオ!!

イラスト:ユウシ

動画:さきこ(下ネタ)




歌詞です↓


あの夏の想い私のお隣
それはもう一途な恋のお話
君の声を拾い上げ
私は歌うよ


初めて会った時は別にさ
何も思いはしなかったけど
離れてる所からでも無意識に
君だけを見つめていたんだ

ボヤけた世界の片隅で
気持ちはクラクラ傾いて
少しずつ(ほら)少しずつ
自分でも気付き始めちゃって


こんなのだめだよ
友達と思ってたのに
よくある話だ 
今更実感しちゃったんだ


8月初め、私だけの世界
「隣にいたい」とボヤいた女子会
想い走る熱さは徐々に増しっちゃって

君はなんとも思ってないでしょ?
「え?何?どうしたの?」
ああ、もういいわ!
こんな日常いつまで繰り返すんだろう


時間はコクイコク残酷にさ
進み私を苦しめてく
コンチキショーめ私ヘタレ
待ってても来ないことわかってる

でもある日君が私に言う
「お前のことがすきなんだよ」と
ニヤけた顔で目が覚め 
私は苦笑いして涙を流す


これじゃもうだめだな
もう抑えきれないや
よくある展開
君の元に足が進んでく


8月中頃、声を震わせて
「隣にいたい」と打ち明けた君に
もう死にそう殺してー(TДT)
暑さが増してく

君は取り乱す言動迷子
「え!?何!?マジなの!?」
ああそうよ!!マジよ!!
夕暮れの夏私は一歩踏み出した


夏も終わりね
花火がとても綺麗
その光を浴び
耳を澄ましてた

広がりざわめき
風鈴、太鼓の音も
今じゃも君の
声しか聴こえないや


8月の終わり、私のお隣
ヘタクソに歌う君はいとおかし
それでもいいよ
楽しいだからとっても

私もこのステージに立ってるの
観客皆無、エアマイクを向けて
君の声を拾い上げ
私も歌うよ




( 2012.09.02 ) ( IA&初音ミク ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。